事務所通信

事務所通信平成30年8月号

メインイメージ

気象庁より、連日のように高温注意情報が出されています。昨年も、‘夏バテ気味で’といった声を耳にすると事務所通信に書かせていただきましたが、今年はそれを上回る暑さのようです。今年は8/13(月)〜8/15(水)まで、夏期休業とさせていただきます。休暇中はご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。熱中症に気をつけてよい休暇をお過ごしください。

挿絵

1.労災保険

●有期事業の一括、変更 〜建設業のみなさんに朗報!〜

→政府の、企業の行政手続きのコストを20%削減しようという取り組みの一環で、有期事業の一括に関する手続きについて、取り扱いが変更になりました。

【変更点】(※H31.4.1〜の予定)

①地域要件の廃止

隣接都道府県(愛知の場合は、長野・岐阜・静岡・三重)のみ一括可能

       矢印

隣接都道府県ではなくても、一括が可能に!
※一括の要件(建設の場合)
概算保険料160万未満かつ請負金額1億8千万未満

②一括有期事業開始届の廃止

事業を開始した翌月10日までに提出

       矢印

提出不要に!

→建設業のみなさんは、労働保険の手続きが少しになります。また、効率化の面から、3年後には税務分野等で企業からの書類提出を不要に(行政側がクラウドにアクセス)する、という計画も出ています。今後、提出書類が簡略化される流れになってくるようです。

 

クローバー

2.健康増進法

●受動喫煙対策の強化 〜平成32年4月1日、全面施行!〜

望まない受動喫煙をなくす対策として、たくさんの人が出入りをする場所での喫煙のルールが定められました。

【受動喫煙対策】(旅館、ホテル客室等居住スペースは除外

■学校・病院・児童福祉施設等、行政機関、旅客運送事業自動車航空機

禁煙(原則敷地内禁煙)

■上記以外の多数の者が利用する施設(事務所・飲食店等)、旅客運送事業船舶・鉄道

→原則屋内禁煙(喫煙専用室内でのみ喫煙可)

◇経過措置◇(※しばらくの間はok。後日検討。)

→加熱式たばこ
原則屋内禁煙喫煙室内での喫煙は可)

飲食店で以下に該当する場合、喫煙可
個人または中小企業(資本金5,000万以下)
かつ、客席面積100u以下の飲食店

→喫煙をすることができる場所では、‘喫煙可’等掲示をする義務があります。また、20歳未満(従業員含)の方を喫煙可能場所に立ち入らせることはできません。

→屋外・家庭等での喫煙は、配慮が必要になります。

違反をすると、都道府県知事等から指導・勧告・命令等がなされ、ひいては罰則(過料)の適用もあり得ます。

今月のトピックス

トピックス
  • 最低賃金、今年もアップ予定〜愛知は引上げ額トップのAランク!〜
    今年は+27円アップし、898円(時給)になる見込みです。愛知では5年で100円超アップしており、東京や神奈川においてはもうすぐ1,000円に到達する勢いです。
  • 外国人労働者就労拡大へ!〜新就労資格〜
    建設、介護等の分野で、外国人労働者の就労が認められるようになる見込みです(来年4月施行目標)。技能実習の優良修了者には、製造業等での受入れも検討されています。
ページの上部へ