事務所通信

事務所通信平成24年4月号

 今年は、桜の開花が全国的にすこし遅れているようです。4月になったというのにたしかにまだ肌寒く、ダウンジャケットをクリーニングに出そうかどうか悩ましいところです。とはいえ季節は春。4月は入社式もあり、新しい出会いの機会があふれる季節でもあります。新年度の準備を整えて、心機一転、出会いの予感に心を躍らせています。

労働者派遣、規制強化

改正労働者派遣法、成立!〜派遣労働者の保護を強化〜

 派遣労働者の保護、雇用の安定を図る観点から、労働者派遣法が改正されました。登録型派遣・製造業務派遣の禁止については、今回は見送られています。施行は、公布の日から6ヶ月以内とされています((3)は、施行日から3年経過日から)。

<主な改正点>

(1) 日雇(日々or30日以内)労働者の労働者派遣禁止 →
一定の要件に該当する場合を除き、派遣禁止。
(2) 均衡を考慮した待遇の確保等 →
派遣労働者の賃金につき、派遣先労働者との均衡に配慮すること等。
(3) ‘労働契約申込みみなし制度’ 等の創設 →
無許可派遣元から派遣を受ける等違法行為を行った場合、その時点で派遣先から労働契約の申込みをしたものとみなす。

有期→無期への転換促進

労働契約法の改正法案、国会へ〜有期労働者の雇用安定〜

→ 有期労働者の無期への転換を促進し、雇用の安定を図るものです。

< 主な改正点 >

  • (1) 有期→無期への転換
    5年を超えて反復継続された場合、本人の申込みにより無期契約へ
    6ヶ月のクリーニング特例あり。別段の定めのない場合、従前と同一労働条件。
  • (2) ‘雇止め法理’の制定法化
  • (3) 有期に伴う不合理な労働条件の禁止

規制が強化されます!

今月のトピックス

  • 70歳〜74歳被保険者の自己負担、据え置き(平成24年度) 
    70歳〜74歳の健康保険の被保険者の一部負担金(医療機関を受診した際に支払う費用)は、平成24年4月から2割になる予定でした。こちらが、平成24年度も平成23年度と同様に1割負担が継続されることになりました。
    新しい有効期限の記載された‘高齢受給者証’は、順次会社宛に発送されます(任意継続者を除く)。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/news/detail.1.94501.html

  • 労災保険料率変更
    4月1日から、雇用保険料率の他、労災保険料率も変更となりました。その他、メリット制の適用要件が改正されたり等、労働保険の年度更新に関する改正点の多い年になっていますので、計算の際はご注意ください。
    (※申告期限は、6/1〜7/10までです!)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken21/

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhokenpoint/dl/rousaihokenritu_h24.pdf

ページの上部へ