事務所通信

事務所通信令和元年12月号

メインイメージ

今年の流行語大賞は、ラグビー日本代表の‘ONE TEAM’が見事獲得したようです。働き方改革の中で納期に追われたりする日も、‘ONE TEAM’の精神で、協力をして挑んでいきましょう。今年は12/30(月)〜1/5(日)まで、冬期休業とさせていただきます。休暇中はご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。あたたかくしてよい年をお迎えください。

1.安全衛生

挿絵

●安全衛生関係の書類が、ネット上で作成可能に! 〜12/2(月)から開始!〜

→労働基準監督へ提出をする労働安全衛生関係の届出書類の一部が、インターネット上で作成できるようになりました。

【対象書類】

  • 労働者死傷病報告(休業4日以上)
  • 定期健康診断結果報告書
  • ストレスチェック報告書
  • 総括安全衛生管理者・安全管理者・衛生管理者・産業医選任報告

※誤入力、入力漏れにはエラーメッセージが!
※データ保存が可能(自身のパソコンに)なため、過去の保存データの呼び出しが可能!

【入力サイト】

●労働安全衛生法関係の届出・申請等帳票印刷に係る入力支援サービス(厚生労働省)

https://www.chohyo-shien.mhlw.go.jp/

→作成はできるものの電子申請には対応していないため、入力完了後、忘れずに印刷の上、労働基準監督署へ提出をするようにしましょう。

→今後、ネット作成できる書類の範囲が広がっていくといいなと思います。

クローバー

2.高齢者

●人生100年時代、到来! 
〜高齢者が安心安全に働ける職場環境づくり〜

→昔と比べて、60歳を過ぎてもみなさん変わらず元気な世の中です。半面、死傷病報告(休業4日以上)の対象者のうち、60歳以上が占める割合が年々増加しています。これを受けて、‘人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議’が開催されています。第4回目の会議では、以下のような内容について議論されました。

【高齢者が働きやすい職場環境のために】

(全般)

  • 危険源の洗い出し、安全衛生教育

(職場環境の改善)

  • 身体機能の低下を補う設備・装置の導入
  • 高齢者に配慮した作業管理

(働く高齢者の状況の把握)

  • 健康診断、体力テスト

(働く高齢者の状況を踏まえた配慮)

  • 健康診断の事後措置
  • 高齢者の状況に適合した業務の提供
  • 心身両面にわたる健康保持増進措置

→労働者自身にも、日ごろからのラジオ体操やストレッチ、バランスの良い食事をとる等、健康管理が求められます。

→これを受けて、今後ガイドラインが作成される予定です。

今月のトピックス

トピックス
  • 処遇改善加算・特定加算の計画書等一本化予定!〜来年度から〜 
    ‘介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会’にて、書類の簡素化等につき議論が行われ、上記の他、指定申請関連文書等共通・簡素化についても議論が開始されています。
  • 後期高齢者保険料、再び上限アップ予定!〜来年度から〜 
    後期高齢者の保険料の上限が、来年度から62万→64万(年)へアップされる予定です。高所得層の保険料が上がり中間所得層の負担増が軽減される、といった形になります。
ページの上部へ