社員プロフィール

代表社員 平澤匡志

平澤匡志

平澤匡志(ひらさわただし)

南山大学経済学部卒業。特定社会保険労務士、中小企業診断士、経営学修士(MBA)。
名南コンサルティングネットワーク(旧名南経営センターグループ)名南社会保険労務士法人での18年の経験を経て独立。平成23年に中京社会保険労務士法人を設立。
代表社員。平成31年4月からは中小企業診断士 中京事務所の所長も兼務。
愛知県社会保険労務士会、愛知県中小企業診断士協会等の各会員。

顧客の環境に応じ、小企業から大企業まで規模を問わず500社以上の人事労務問題解決をサポート。専門は中小・中堅企業を対象とした人事労務顧問。
豊富な実務経験を活かし、知識回答型ではなく、顧客状況に応じた助言相談を得意とする。

業務範囲は幅広く、社会保険労務士業務では労災・離職票手続といった手続業務はもちろんのこと年金相談や給料計算等の事務業務、働き方改革対応や就業規則、労基署等の官署対応、ハラスメント、安全衛生等の労務相談、給与体系の見直しや人事考課、上場審査対応等の指導業務まで多岐に及ぶ。

中小企業診断士業務では、資金相談や財務管理相談、管理会計導入などの財務助言、情報システムの導入相談等のIT助言、組織活性化や人材教育等の人事助言などを得意とする。
この他にも、NTT西日本子会社との共同事業への出向経験を踏まえた創業・新規事業助言や、事業承継助言等にも応じている。

特徴は「現場主義」。執筆・講演活動に比べ、現場での顧客対応を好むためノートパソコンやスマートフォンが必需品。
また、自らも経営者であるため、経営者や経営幹部と経営や事業の課題・問題等の世間話を好む。

趣味は30年続けている野球。煙草とビールをこよなく愛する。

社員 武内万由美

武内万由美

武内万由美(たけうちまゆみ)

新潟大学法学部卒業。特定社会保険労務士。静岡県袋井市出身。袋井東幼稚園、袋井中学、磐田南高校と、お茶とみかんとわさびの産地ですくすくと育つ。
学生時代に不況による大規模なリストラを目の当りにし、社会保険労務士の仕事を志す。目指す姿はWin-Win-Win。

顧客対応で常にこころがけていることは、「わかりやすさ」。
難しい法律用語をわかりやすい言葉に変え、地に足のついた解説で早期の問題解決を支援する。

趣味は鼻歌。

ページの上部へ